チェリーの最近のブログ記事

 

以外にもサクランボもハーブの一種なんです。サクランボ以外にもオレンジやグレープフルーツなどのかんきつ類はハーブとしてカウントされているものが多くあります。

 

とはいえ、使うのは実ではなく、葉っぱや皮を使うものが多いので味に期待しすぎるのはやめましょう。

 

 

 

☆チェリー (サクランボ[オウトウ])...バラ科の高木

 

 チェリーというと紅くかわいい実を思い浮かべますが、ハーブに用いられるのは甘果桜桃(かんかおうとう)、酸果桜桃(さんかおうとう)と呼ばれる種類の実の柄の部分です。

 

 

 フランスでは、このチェリーの柄の煎じ薬は誰でも知っている民間療法です。特に、実がすっぱい酸果桜桃の柄のティーは利尿効果がバツグン

 

体内の余分な水分を排出して全身のむくみを取り、顔やボディ、脚を引き締めます。太めが気になる人には見逃せないハーブです。

 

また、気管支炎に治療薬としてもよく使われます。

 

 

 ティーはそのまま飲むだけでなく、生の実に注いで30分ほど蒸らしてから飲むという方法もあります。

 

サクランボに含まれているのは身体に同化されやすい果糖ですから、当分を控えている人にも安心。美しい色のもとになるカロチンは、目にいい効果を与えてくれます。

 

 

 上記でわかる通り、ヨーロッパではメポピュラーなハーブティー。

匂いは、サクランボというより桜の香りです。

 

 

 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちチェリーカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはタイムです。

次のカテゴリはバジリコです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。