ペパーミント(まじめ編)

 

ミントのハーブティーは二種類り、その一つがこのペパーミントです。

 

☆ペパーミント...シソ科の多年草

 

 ペパーミントは、百種類以上あるミントの中でも特に強い香りが気持ちを高揚させてファイトを湧かせるため、ギリシャ・ローマ時代には活力の象徴とされていました。

 

そのためミントにまつわる神話には、妻がありながらメンテという妖精を愛したタフガイ、冥界の神プルトンが登場。

 

怒った妻がメンテを小さな白い花に変えて踏みつけたところ高い香りが漂って、それがミントになったと伝えられています。

 

ヒポクラテスはこの話を引用して、男性はミントの使用には注意せよと忠告したとか。

 

 

 オールマイティの力を持つハーブといわれるだけあって、さまざまな症状に適応。消化不良や吐き気、特に乗り物酔いに効果がある事で知られています。

そのほか、頭痛、生理痛の緩和にも有効。冷やしたティーはしゃっくりの特効薬です

 

 

 その他の効能:血液循環、歯痛、歯肉炎

 

見てわかる通り、鎮痛作用を有しています。そしてオールマイティーに効くとあったので、本から効能すべてをあげてみました。

正直、やらなきゃよかったと思います。

 

効能羅列

 

アルブミン、泌尿器炎症、膀胱炎、糖尿病、尿毒症、貧血症、低血圧症、血行障害、高血圧症、疲労倦怠、冷え性、鼻炎、鼻咽頭炎、喉炎、口臭、咳、喘息、喘息性気管支炎、気管支炎、喫煙者の咳、アレルギー性喘息、胸部圧迫感、空気嚥下症、肝臓障害、胆のう炎、胃炎、胃痛、胃潰瘍、坐骨神経痛、神経炎、静脈瘤、不安神経症、月経不全、月経不順、月経過多、月経閉止、生理痛、じんましん、湿疹、アレルギー、花粉アレルギー、花粉症、風邪、インフルエンザ、足が重い、関節症

 

 

多っ・・・。

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.aromahouse.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/121

コメントする

このブログ記事について

このページは、アロマハウスが2010年6月20日 13:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「レモンバーベナ/バーベナ(まじめ編)」です。

次のブログ記事は「タイム(まじめ編)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。