日々のつれづれの最近のブログ記事

脱サラで店を始めてもう22年以上が過ぎる(1990年)
長女の誕生を目前に会社を辞めたのだから
今、思えば勇気のがあったのか 何も考えていなかったのか?
3年後に長男が生まれ、おもちゃに興味がわいてBRIOを知り
木のおもちゃに興味を持った 当時はすごく高級で全く売れなかった

さて その後 いろんなこだわった 知育的な よく考えられた
おもちゃと遭遇し そして 消えていきました。  
今日は私自身、あまり意識しなかったおもちゃを紹介します。
「シンプルで壊れない」「安心で安全な自然素材」

wdfg1.jpgwdfg2.jpg

 

ウーデンフロッグ(Wooden Frog)  ラトビア
実は何年前から取り扱ったかも記憶にないのですが、最初は店に陳列もせず眠っていたのですが、最近になって少し気になってきて調べてみたら面白かったので紹介します。
おもちゃにはありがちなストーリーですが、最近店でも手に取られる方が増えました。

1997年 アンダーソンご夫妻が立ち上げ、ご主人がデザインしほとんど手作業で丁寧に作られています。ラトビアの木材を厳選して「シンプルで壊れない」「安心で安全な自然素材」

プルトーイ カエル

Wooden Frog 名前の由来は 最初に作ったおもちゃがカエルのプルトーイがそのままです

生成の商品はすべてアマニオイルで仕上げらあります。自然のアマニオイルを使う事で汚れが付きにくくなり、湿気や乾燥から木を傷みを防ぎ末永く使って欲しいとおもいからヨーロッパで伝統的に家財のし上げに使われてきたアマニオイル仕上げにこだわっています。赤ちゃんが口に入れる可能性の高いブロックには近所の農家で作られている100%ピュアなオーガニックの天然アマニオイルを使用しています。

リトアニアの山岳地帯 ジグルダの風景や自然豊かな中のこだわりは続きで

 

ウィンブルドンテニスが始まりましたね。^^
毎年 雨や日没など まぁ なんと良い感じの大会でしょう

さすがにヨーロッパ EUは、いろいろあっても前進してるし

アジアはだめだなぁ 野蛮で.。 日本はまだましな方かと思っていた
最近、日本は ちょっと 先進国になったと思っていたのだが

ひどいね ニッポン
年金 ガス爆発 コロッケ
コムスン 不二家 
姉葉 ヒューザー 木村建設 東横インだっけ?
ライブドア 村上ファンド
三菱トラック 金融 銀行もあったなぁ
警察も 公務員も もちろん政治家も 
学校 教育 いじめ 

まだまだ ありすぎて あきれかえる

考えられないようなことばかり 
昔から見ればこれでも良くなったのだろうが

私は、このような過去の遺物人種は、一通り去ってくれたと思っていたが・・・
日本も先進国になりつつあると喜んでいあたのだが・・・
やっぱ まだまだ野蛮人の集団なんだろうか?

社会保険庁 ボーナス返上
うーん なんかそんなことで 責任がわかりにくくなってもしょうがないし
そんなこと だまってやればいいし 給料だってかえすというか
自分たちの仕事のミスで増える費用くらい 自分でまかなってほしい
と思うのが 実際の所ではないか?
一般企業なら当たり前だものね

一般企業なら どんなに自分はまじめに誠実に良かれと思って
仕事をしていても 倒産したら みんな一緒に給料が無くなる
あなたは まじめだったから 倒産しても会社に来てくださいとはならない 笑

もっと きっちり改革しないと

まだ 「悪」と言うことが自覚できない人種がいるようだ。
自分では当たり前のことをしていて 悪いこととは思っていない
しらずしらずに洗脳された人がいるのかなぁ

これまでの教育・社会のひずみが大きかったのでしょう

いいかげん もっとまじめに 当たり前の常識をもてる日本人でありたいものだ

なんだかんだ言っても ヨーロッパって進んでいるんだなぁ
私は行ったことは無いのですが  ^^;) 全く井の中の蛙で 外は知りませんが
でも ちょっと 日本のひどさには 最近 とても とても はずかしい

イラク戦争 賛否両論 いろいろ事情はあったのでしょうが
私にはよくわかりませんが イタリアかどこかヨーロッパの反対運動の時に
運動とは関係ない一般市民にインタビューしているニュースを見たが
「戦争は反対 なぜなら 暴力はよくない」 と 言っている人がいた

そうだよね 問題が大きすぎて よくわかりませんが
確かに 理由はどうあれ 暴力はいけないと私も親から習った

やっぱ 事の大小は別に暴力はよくない そんな 当たり前の事
単純な常識 モラルを全てにあてはめていけばいいのかも知れない
当たり前の常識には例外などいらないのかも知れない

参議院選挙も近くなりましたが もう あまり馬鹿げた事件ないように
もうちょっと かっこいい日本でありたいものです。

今日は、すごく暑くなりそうだ。とっ。。 昨日 姪っ子に子供が生まれた。めでたいことである。

さて 今週は各局で神戸の少年犯罪Aのニュースをよく見た。
異常さと残虐さしか目立たなかったあの事件。詳しいことは全くわからないというか。知らされていない。
久しぶりにテレビで夜回り先生がコメントしていた。 その後の更正など次につながるよう 又今後の行方をきちんと管理し検証し、次につなげるべきだと語っていた
全国民にとまでは言わないが 多くの専門関係者にはつたわった方が良いと私も思う。

家内のPTA作業をちょっと見ていたら、10年前と今の子どもたちに違いはあるか?と言うようなアンケートを先生を対象に行っていた。結果をちらっと見たら なるほどと一生懸命に回答されていた。

中に 子どもたちは変わらない。変わったのは保護者との意見がありました。
全く同感である。常々私も子どもたちは基本的に変わっていない。変わったのは保護者をはじめ、社会環境全てである。これにはもちろん私も先生も含まれるのでしょう。

ゆとり教育の見直しとか、教育基本法の見直しとか騒がれているが、大筋では間違っていなかった方針のように私は思う。

昔と違って今は、学ぼうと思えば あるゆる手段がある。学校の教科書と先生からしか学べなかった時代とは大きな差がある。

基本的学業は大事であるが やはり 人間とはどいうものか? 集団生活、社会の一員とはどういう事か?自分の進む道は? 自分の役割は? などなど 基本的な部分をはしっかり学ぶ場が必用なのかも知れない。

いじめ、自殺、犯罪がこうも多発すると。。 昔は。。。 昔の教育の方が。。 云々という声も聞こえてくるが 今は今なのだと思う。 今まででは教育、学校そのものが新しい手法を考えだし 新しい教育が求められているのだろうと思う。

今更 高度成長時代のような均一な質の良い労働者を作り出しても意味がない。

ただ スポーツでも芸術でも学問でも学べるチャンスは子どもたちには平等にあって欲しいものである。

さて インディゴチルドレン 言葉は子供用品も扱っている関係かたまに聞きますが 詳しくは全く知りません。
うちでは ちょっとわからないと「おお 我家のインディゴよ」と笑っていますが、歴史を見ても人間は変わってきているのでしょう。偉人達の伝記を読むとかなりの確率で変人である。

江戸時代の教育と昭和の教育が違うように、教育も常に進化していくものなのでしょう。

よくわかりませんが 私たち凡人は、みんなが目を背けずに子どもたち見つめていくことぐらしか無いのかも知れませんが。。。

日記やブログを書くことは、最近2年ほど ちょっとおっくうになってさびっていた
まぁ あたりさわりのないことをちょっと書いておいたり、これからはショップ商品の紹介でも書こうかなどとも考えている

私のブログなど読む人はいないと思うが、でも 良くも悪くもとられることがおっくうになってきたのだろうか? でも まぁ 日々の思いはちょっと書いておいた方がいいのかなぁ

今は憲法改正、教育基本法 ふるさと税などというわけのわからない話もある。どちらにしても、今後の日本に大きく影響がありそうな重要な法案がおおくある。これから どんどん日本も世界も良くなっていくのであろうが。。どのように進むのかはいささか気になる。 ダムや高速道路や汚職云々と言ったような話題でおきる国会論争よりもよほど進歩的である

何度も言いますが 高度成長時代の働き手として育てられた私の時代は、あまり昭和史は教わらなかった。
先日、5月15日は、515事件 昭和7年の出来事。恥ずかしながら よく知らない ^^;)
中国進出に走る時代で 軍部とは違う犬養毅首相を問答無用暗殺
外交的平和路線を歩めたのではないかと思える総理が暗殺され 軍が主導権を握っていったのでしょう

ちょっと 驚いたのがその暗殺現場にいたお孫さんが、今もご存命でその時のことを話していらっしゃいました。
詳細はべつにして(正確でも無いかも知れませんが)
もし515事件がなかったら、あの戦争はなかったのはないか?との 問いかけに
いや どちらにしても 時はあの方向に動いていたでしょう。 とお答えになられたことにちょっと驚きました
しかし そういうものなのかも知れない。大きな時代の流れはそいうものかも知れない。
昭和天皇もそういう時代の流れの中に。。。 靖国合祀問題。。 などなど その後、思うところは大きいのでしょう
個人の力ではなく みんなの力で時代を作っていくのであれば いや 作られてしまうのであれば 憲法改正もみんなでもっともっと考えなくてならないのでしょう

って でも 博士の愛した数式 よかったですね ^^
そんな大きな流れの中にいてもどうであれ
人間って もっと 小さな80分の記憶のなかでも 幸せに生きられるような気がする

もっと ほっとするように ほっとする毎日を みんながゆったり生きれば
きっと 素場らしい時代が知らず知らずに築かれていくのかもしれないなぁっと ボーっと考えて
ぼーっと 涙ぐんで なんか ほっとする映画でした

今頃 遅い映画ですが 映画館もいけず DVDも借りてきたが返却日に間に合わず
ようやく 先日のテレビで初めて見て やっぱ いい映画でした 笑 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち日々のつれづれカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはパズルです。

次のカテゴリはBRIOです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Google Adsense

Powered by Movable Type 4.261