ヒントの最近のブログ記事

暑くなってきましたね。

夏休み前に、いろいろとBRIOで遊んでみました

BRIOレールも段々充実してきましたので
一度 これまでのパーツもたくさん使って
遊んでみようと思いまして レイアウトしてみました

子供が小さい頃はよく遊んだのですが
最近は機会が減ったので楽しく遊べました

なにか 参考になれば幸いです
ご質問などこれまで通りお気軽に ^^
やはり BRIOは楽しいですね 

本当に最近ブログや説明をサボってすいません。
BRIOのアウトレットを取り扱い始めました。本当にすごく良い物ですので、ご自宅用の時でご入り用の時はぜひ検討ください。製品ではなくパッケージが多少傷んでいるのですが、ほとんどわからないものが主流です。これらを買って頂けることがBRIO社全体のコストダウンになると思いますし、エコにも通じると思います。

さて 余談になりましたが ちょっと長いですが暇なときにでも動画ご覧下さいませ。

最初の電車はスマートトラック(今はもう無いですが)は、レールの信号でストップしたりします。

次がマイティーアクションですが、たいていのBRIO電動車両はこの車両と同じように裏側にリミットスイッチがあり、ストップ&ゴーパーツの真ん中の赤い突起にふれて車両は完全にストップします。
また このマイティーアクションタイプは5分ほど放置されるとOFFになりますし、最初の汽笛や走行の効果音は走り始めて10秒ほどでとまります。

最後の新しいタイプのトラベルトレインは裏側のリミットスイッチがありません。
オートストップで止まっているのは駆動輪(後車輪)が空回りするように乗り上げた状態になるようになっています。軽くて、コスト面も考えているのでしょう、しかし 重心を低くして しっかり脱線せずに走るように設計されているあたりはさすがBRIOと思います。木の線路を電車走るというノウハウはさすがだと思っています(これらに関してもいずれ書いていきたいですね 奥は深いですよ)

BRIOはレールに埋め込まれる信号やマグネットを利用したスイッチなどいろいろ工夫されてきました。今はあまり目にしませんが機会があれば紹介したいと思います。

よく電動車両のマグネット部分がふらふらしているとご指摘を受けますが、これは連結した車両がうまくカーブを走るためです。線路も電動車両を走らせるときは、きっちり組まないと脱線します。BRIO線路はファージでもしっかり走る。ちょっとこれは他にはないですね。また マイティーアクションなど大型の電動は駆動輪が大きく、そして 後ろの車輪からフリーにしているのも上手にはしらせるためですね

それでもバックでの坂は無理があるときもあります。リモコントレインはバックで坂は上れませんね 笑。 駆動輪の関係ですね。

バナナワゴンなどは、陸橋の下に線路を通すとコンテナが当たって通れなかったりと、なかなかいろいろあって面白いです。でも そのあたりもBRIOは修正してリニューアルしたりもしますがいろいろあった方が面白いと思います。

いろいろ そんな あれ? これおかしいぞ?って動画も撮影してあるのですがなかなかご紹介できていません 皆さんも見つけてくださいね。 そして、楽しい情報があったら教えてくださいね。

35670 ファスナー付コンテナ【プレイマット】を発売 2940円 

当店発売は2月22日  これは 大ニュースですよね

「 5万円の開発工事デラックスセットが入っているファスナー付きコンテナをそれだけで販売します。ファスナーを閉めると収納用のコンテナになり、開くと、レール遊びのできるプレイマットに変身します。お片づけに便利そうです」 と言う連絡が。。ありました。

コンテナ.jpgこれまで プラボックス単品の問い合わせも多かったですがBRIOからはケースのみの販売はしませんと言われていましたので、ちょっと驚いています

10年以上も前でしょうか?プレイマットがあったのですが、布シートみたいな物でしたが1万円もしていましたからね

スカイトレインが廃盤になって久しいのですが
先日 スカイトレインの事を書いたら 支柱の代わりになるような物ってどうやったらできるでしょうか?
と言うような質問がありましたので ちょっとだけヒントになればと書きますね
いろいろ方法はあると思いますが 急だったので、にわか作りなのです。良いできででは無いですが写真をアップしますね
bskya.JPG
 ↑廃品利用で ハンガーで作ってみました

bskyb.JPG
 ボーフィックスや積み木など店にある物を利用しました。
 簡単にボーフィックスでやってみましたが 高さなどを合わせるのに積み木なども利用するのもいいですね
bskyc.JPG
簡単ですが もう少し工夫しないとダメですね ^^;)
ほんとうに いろんな方法がありますよ いろんな遊びも方もレイアウトも工夫できますし^^
BRIOにこだわらず まわりの物も使って遊びましょう^^
けっこう 楽しいものです
bskyd.JPG
ハンガーをペンチで切って曲げただけです ^^;)

ブリキのブックエンドを利用してもいいですし レール固定してくっつけてもいいと思います。  少しは参考になれば幸いです。

支柱がもう無いので いろいろ工夫してみてください スカイトレインをお持ちの方で何かいい方法がありましたら皆さまも投稿してくださいませ〜^^

さて 今回のレール8の字シリーズは 最終回 ^^

先日、オーソドックスな8の字に
マグネット踏切を入れたいのですが? という質問がありました
実際やってみたのですが これを入れようとすると 下のようになります
マグネット踏切の長さは144mmなので ちょうど使われている
144mmレールと交換して組み入れることになります
(交換ですので 下の写真のようにレール1本が余るかたちになります)
bb8-3-1.jpg

これは 一番最初に書いたように 8の字レイアウトは、がっちりした
レイアウトなのでファジーさの融通が一番つきにくいのでこうなります

そこで この8の字に使われているレールを全部使って なおかつ 
マグネット踏切入れるレイアウトをつくると 。。下のようにレイアウトできます

bb8-3-2.jpg

8の字の用レール全部使って(カーブレール12本 陸橋 直線が144mmと216mm各1本)
さらにマグネット踏切を追加でしたレイアウトです。 


もちろんマグネット踏切が無くても、逆に もう1本くらい直線レールを加えても
下の写真のように組めます。けっこうファージなレイアウトですね

下の写真は先の上のレイアウトより ↑印のレールを1本追加してみました
bb8-3-3.jpg

という事で レールの数が多くても少なくても ファジーさでカバーできる範囲があり
いろいろレイアウトできたり 駅や橋などパーツを増やしても手元のレールで結構 
レイアウトできたりしてしまいます。^^
これが BRIOレールの楽しさになり そこで 足らないパーツや欲しいパーツの
要望が出てきます。 この考えるときが また 子供たちにはとってもいいんですね

あは 体験が一杯できるかも  笑

従来の踏切などは(108mmレール長さ) 踏切を買うと 踏切には108mmレールも
セットされたものになっていますよね
これは 基本的には8の字でなければ 踏切を増やせば 反対側に108mmレールを
加えればちょうどOKという事ですよね  ^^

逆に橋や大型駅など増やすときは 中くらいの直線レールをはずして
そこに増やすパーツを入れ 反対側に外したレールを入れればOKという事が
同じ長さでなくてもよくあります ^^;)
へへへ   わかりにくい説明ですよね  笑

カーブレールも直線レールも 長さがいろいろあります
特に33333の直線レールも便利ですね
レールだけのセットが何種類かありますが やはりどれもとっても人気です
また レールを増やすのに他のセットを買って合体させたりする人も多いです
この方法はレール単品で買うより上手な買い方かもしれませんね。

bb8-5-1.jpg
bb8-5-2.jpg

 

さて 8の字の組み方は先のブログでの紹介がオーソドックスで
サファリセットなど昔からいろんな8の字セットがありましたが
このパターンが多かったと思います

廃盤になるパーツが増えてきていますので寂しいですが
十字クロスや大型十字路、ターンテーブル系やダブルカーブポイント。
先ほどの陸橋や積み上げサポートなどを利用しても作れると思います

カーブレールも短い方もありますし 途中でカーブポイントレールをいれてもいいですし
いろんなパターンがありますね

bb8-3.jpg

bb8-4.jpg

この↑写真 クロスレールに108mmレールを4本入れて作っていますが
108mmレールの代わりに144mmレールでも作れてしまいます 
なにを言いたいのか 意味不明だと思いますが 実は不思議なんですね  笑
まぁ 許容範囲が大きいのか?多少の誤差み込んでしまうのが
BRIOレールの良さなんですね  笑

では 次でもうちょっとそのあたりを 補足しますね

たまに レールの組み立てについて聞かれる事があります
いつも あまり気にしなくていいですよ
子供たちにまかせましょう って いい加減な回答ばかりで十数年^^;)
私がBRIOの好きなところに列車すべてが綿密に精密に丈夫に遊びやすく
非常に考えて作られている事。と それより実はレールが一番好きです

質感 組みやすさなどなど、すごく ファージに組むことができそれでも脱線せず 
また そのファージサーがいろんなパーツを組み込ませてくれます

ちょっとわかりにくいと思いますが
レールが1本くらい不足かなぁと と思ってもなぜかつながってしまう?
わからないですよね。 笑

まず8の字をよく聞かれますので
実は組み方の中では8の字は意外融通がききにくく
高度かもしれません 実際は8の字で遊ぶことが少ないのではないでしょうか?

あっ そうだ セットには必ずレイアウトが書いてありますね そしてそのレイアウトのパーツが
入っているわけですが そんな事は気にせずに自由に組んでいただければと思います

代表的な8の字は
bb8-1.jpg

今回は カーブレール12本 (今回はカーブレール長い方を使用します)
陸橋1個 直線レール216mmと144mm各1本
bb8-2.jpg
 
陸橋の長さが360mmという事になってちょうどいいのです
続きは 次にかきますね

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちヒントカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはディスプレイテーブルです。

次のカテゴリは中国製についてです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Google Adsense

Powered by Movable Type 4.261