メリーソートっての最近のブログ記事

「パンキーヘッドチーキー」って

ご存じですか?

そうそう髪の毛のたった、あのチーキーです(^_-)

パンキー.jpg

アンティクワリアン     ルーニーサーカス     

リトルロビン          アメジスト         パンキーオックス


ソフトモヒカンっていうのな?

あの,お笑いのウド鈴木さんの頭に似てるんで

私は密かに「ウドちゃん」って呼んでますけど^^;

そして、パンキーの方が

どれも、とっても個性的ですね!


実はこのパンキーチーキーが

チーキーのデザインの原型(アンセスター オブ チーキー)って言われてるんです。

と言うのも

このパンキーは、

カナダのイートンデパートが

1945年に宣伝のために「パンキンヘッドーサッド リトルベア」というのを誕生させ

それがトレードマークになりました。

そのパンキンヘッドにちなんだ商品の一つとして

メリーソート社のパンキンヘッドも並んでいました。

そして

パンキンを作り続ける中

1957年にチーキーが誕生したということです。


チーキーよりもっとやんちゃくさい顔がとっても魅力で

 私もパンキー大好きです!

メリーソート社と言えば

チーキー!

チーキーと言えばエリザベス女王!!


この「チーキー」という名前をつけたのが

イギリスのエリザベス女王って言うのは

クマ好きの間ではあまりにも有名なお話です。


大きな顔と耳でクマって言うより

まるでおさるさん。


目・鼻・口が近くにあって

クチュってした愛嬌のある顔が何とも言えず可愛いんですよ。

そして色がとってもきれいでリボンも凝ってます。

ti-ki-.jpg

チョコレートクリーム      オリバーホームズ       バニーホワイト

2010ウイッシュボーン    パウダースノー


あっ!

リボンと言えば、このリボン
イギリスで結んでくるんですが。。。

結構、縦結びに成ってることが多くて
ありゃぁ~と思いながら、結び直してます(^_^;)


話は戻って

しかもチーキーは全部がリミテッド(限定)で

干支シリーズとかシリーズ物が結構あるのがにくい


なので


一度はまったらナカナカ抜けられないのが、

チーキー!!

なのです。


家の娘もチーキーホリックで

新しい子が来るたび「カワイ~!!」と叫んでおりま

ドイツのシュタイフを紹介したので
今回は
女王陛下のお気に入りをご紹介(^_^)v


女王陛下がチーキーと名前を付けたベアがいる
メリーソート社
イギリスの代表的なぬいぐるみメーカーで
W・ゴードン・ホームス氏が1930年に創立しました。
(こっちも80年以上たつ老舗ですねー)


制作者たちの巧みな技術と暖かい愛情を注いで作られたメリーソートのぬいぐるみは、
持つ人の大切な家族の一員や、良き友として愛され続けています。
 

タグやラベルに使われている

"MERRYTHOUGHT" 

と言う文字は、

当時メリーソート社の工場から約1Km離れた所にある

イギリスで最初に築かれた鉄橋を型とってデザインされました

チーキータグ1.JPG

チョットわかりにくいですが・・・

橋をイメージして緩やかなアーチ状になってます(^_^;)

 

 "Merrythought" 「メリーソート」と言う社名は、

幸運を呼ぶものとして珍重されていた

"wishbone" 

「ウイッシュボーン(鳥の胸にある二又の骨)」を意味する

イギリスの古語から付けられました

そして、この鳥の骨をトレードマークにしています。


日本では、あんまり知られていないけど

イギリスでは昔から

食事のとき、皿に残ったこの骨の両端を二人で引き合って

長い方を取ると願いごとがかなう

という、風習が有るそうです

なので、ウイッシュボーンはラッキーアイテムになってるみたいですよ!


でも、考えてみると鳥の骨ってスゴイですよね

日本で言うと何になるでしょ?

うーーーん

蛇の抜け殻?持ってると

お金貯まるって聞いたことあるけど

チョット違うか・・・(^^;)

                  

そして、このウイッシュボーンをトレードマークにすることで

メリーソートのぬいぐるみを持つ

「あなたに幸運が訪れますように」

という願いが込められているそうです。

ぬいぐるみ自体が

ラッキーアイテムに成ってるっていいですよね(^_-)

wishbone

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちメリーソートってカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはチーキーです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261