シュタイフっての最近のブログ記事

シュタイフ社の全商品につけられてるシュタイフタッグは

シュタイフ社の伝統と品質の証!

そのタグをぬいぐるみの耳に留めてるのが

「ボタン イン イヤー」と呼ばれる丸い小さな金具です


これはシュタイフが有名になってきた頃

コピー商品との区別のために付けられるようになりました

世界最初のトレードマークです


厳しいチェックをクリアしたぬいぐるみの耳だけに

「button in ear」steiffタッグ(タグの根本に着いてるボタン)が取り付けられます。


そのボタンもよく見ると違いがあって




                     まずは、一般的なボタンです

ボタン2.jpg



「ゾウボタン」

ボタン1.jpg
004年「ボタン イン イヤー」100周年記念バージョンです

100年前と同じ象の刻印の特別なボタンは

1904年に誕生してから100年迎えた2004年のリミテッドエディション(白タグ)につけられてます。

2007年のワールドエディション(世界限定)の一部にも使われています。





「アンダー スコアード ボタン」

ボタン3.jpg

1907年~1942年頃に使われていた「アンダースコアードボタン」(最後の f が長く伸びている)の復刻版です。

2007年度限定品の一部に使用されて、金色もあります


さすがに長い歴史があるから、ボタンにもいろいろあっておもしろいです

機械があれば是非ボタンもみてみてくださいねー


シュタイフの歴史と伝統のトレードマーク
ボタンイヤー & イヤータグ
シュタイフのコピーや粗悪品との差別化のためにつけられた
世界で最初のトレードマークです


今でこそいろんな商品
それこそ、ブランド物から、100均の雑貨小物まで
タグが付いてますが
100年以上前からず~~~っとオリジナルタグを付けてるって
それだけ
商品に自信とプライドを持って作り続けてる!!
って、こと何でしょうね~

スゴイです!


そこで

今回はシュタイフのトレードマークのタグについてご紹介


さてさて・・・
タグは3種類あります
タグ.JPG
黄色タグ(右)
定番商品(品番・差材を表示)

白地に赤字のタグ(中)
オリジナルデザインの限定品(品番・生産年度・シリアルナンバー表示)

白地に黒字のタグ(左)
レプリカ(復刻版)の限定品(品番・生産年度・シリアルナンバーを表示)

(白タグの裏には限定品なので、それぞれの限定数とシリアルナンバー(個体番号)が入っています)



一体いったい手作りなので、

同じ名前でも表情が微妙に違ってます

なので特に

リミテッド物を購入する時は

実物を見るか

ネットの場合は個体番号とお顔を確かめてから決めた方が良いと思いますよ~


シュタイフのタグが付いてることによって

私たち買う方も

安心・信頼して

お気に入りの1体を選ぶことが出来ますよね(^_^)v





初めてのテディベアはやっぱシュタイフですよね~

シュタイフって行ってもイッパイ居るし

シュタイフらしい子が良いと思うんですが

どの子が良いかなー


よっし!!

お気に入りのこの子にしよう!!

ブルー.jpg


シリアルナンバー・・・627/1908



耳の黒タグを見て解るように1908年のレプリカです

シュタイフらしい短毛のベア

ブルーのモヘアの下から地のベージュがかすかに見えて

ブルーとベージュのコントラストがスタイリッシュ


小さめの黒目がきつい印象を和らげて

穏和なハンサム系に!


個人的に青いクマ大好きなんです(^O^)


息子はもう無理だから、孫に男のが生まれたら

絶対欲しい!

男の子のファーストベアに最適!

と思って、見てる子のひとりです


ぬいぐるみって

女の子のイメージが大きいですが

男の子だからこそ

少数精鋭って言うか

沢山じゃなくっていいから

ほんとに良い物を持たせてあげたいですねー

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちシュタイフってカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはシュタイフベアです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261