2008年10月アーカイブ

ネジ式構成玩具 ボーフイックス

さて 「ボーフィックスを買うときに選択に迷います。それで アドバイスを」との問い合わせがおおいですね。

特に スーパーバレルスターターの違い どっちがお得 どっちっがいいですか?が 最も多いです。
bau01.jpg

商品選びのアドバイスと言われても正直難しい。。 息子の小さいときはボーフィックスもBRIOのビルーダーも両方与えましたが どちらもあまり遊ばなかった^^;)
個人差の出るおもちゃのようです 与えるタイミング(年齢も含め)も大きく影響するのかもしれません。
この手のおもちゃは、まず、お父さんと遊ぶかも。→お父さんがこどもに遊でやる→ お父さんの好みでえらでもよい 笑。。。個人差でよく耳にするのは うちの子は、この手のおもちゃが好きで好きで大好きで、いつも夢中で遊んでいるのでもっと多くのパーツを とか 他の類似したおもちゃをプレゼントしたいとの話は実に多くく聞きますね。 ほんと うらやましい〜限りです。。 本当に好きな子ってたくさんいるんですね。 わが家はテレビゲームばかりだったーー。  それはさておき

相談受けたときの回答に、 まず好き嫌いの個人差のあるおもちゃであることを伝え、あとは ちょっと投げやりですが やっぱり積み木などと同じでパーツは多い方が楽しいという事を伝え ざっくり 大きいセットに超したことはないといっちゃいます。 ^^;)  好きな子には絶対買い足したくなる事は間違いないようで やっぱパーツは多いにこしたことはないのです。 あとは予算と与え方(徐々に買い足してあげる方法)しか無いにように思います。 セットをいくつも買い足して増やす方も意外に多井ので驚きます。子供たちも組み立て図にはこだわらず どんどん作っていきます。
そういう意味ではビルダーの前のBRIOメックはステップ1とか2とか3とかあって、スッテプ2に3を買い足すとスッテプ5のセットと同じなりますというような商品構成になっていました。

話は戻って 
先のスーパーバレルスターターのちがいについてですが

bau02.jpg


スターターはスターター10と言うようで名前になっていて、10種類の組み立て図がはいっています。これは 簡単なものから順次多くのパーツを使う複雑なものまでの設計説明書付きと言う事ですね
詳しくは見てないのでわかりませんがスーパーバレルとほぼ同じようなパーツ構成ではないかと思いますが?まぁ ちょっとはじめからではなく パーツはダブりますがスターターやバギーなどを経験した子に書いたし そして あの筒箱の中にしまいましょうと言ったところでしょうか?これも私の想像ですが)
 説明ではスーパーバレルの方がパーツ数はおおようにかいてありますね スーパーバレルは3パターンの説明書つきですがこれはすでに遊んでいる子向けなのでそのようになっているのでしょう。
あとは 関係ない話ですが

baufix 一度は遊ぶおもちゃであろう
bau2.jpg

 穴のあいたボードにネジをはめ込んだり、ドライバーやスパナを使ってネジを締めたり。指先の感覚がすすんできた子供たちには、たまらない遊びである。平面から立体 そして 見たものを形にしたり、自動車や汽車、飛行機 ネジで組み立てるから動きがあるものを作ることが出来て 実際に動かしてみることもできる。ちょっと大人の感覚になって誇らしげだったり、また 親子で一緒に遊びやすいおもちゃで共同で作ったりもできる。指先器用さと創造性がとても引きつけるおもちゃだと思う。結構 組み立て玩具は好き嫌いに個人差もあるが 一度は親子で遊びたいおもちゃである。

このボーフィックスは、ボルト、ベース、キューブナットなど ほとんどのものが木でできていて 昔から長く親しまれているメーカーで、今もほとんど変わっていない。
なにより ドイツ気質の頑固さを貫かれてると私は思う。 それが逆になかなか経営的には厳しいようでした。詳しくは知りませんが、ボーフィックスはその後 ローレンツ社(同じくドイツ老舗)の傘下になり、ローレンツから販売されていましたが そのローレンツも確か倒産?したのか無くなって。現在はスタドルバウワー社(オーストリア)からの販売だと思います

ボーフィックスそのものは何ら変わりないのですが 日本では そのたびに取扱商社が変わったりしたので入荷がスムーズに行かない時期もあったように記憶しています

ただ 本当に素朴なおもちゃで 子供たちの創造性に任せ 組み立て図などもありますが自由に作ってもらえばいいという感覚なのでしょう また そんな感じを主張するのか 家内工業的で中のパーツも多かったり少なかったり 色違いだったり ボルトの頭が六角が丸だったりと まぁ ちょっと困る面もありますが  もちろん安全な塗料を使っていますがも手塗りでしょうか? 木目わかり実に木のおもちゃらしい。何もかもファージーさが誇らしげな木のおもちゃだと思ってしまいます。

bau1.jpg


ドイツのおもちゃなので安全や環境には厳しく 
 CEマークはもちろん世界一厳しいEU玩具安全規格EN71に適合しています。

自由に形を形成出来る玩具
玩具は組み立てて何かの形を模倣させる事で、認識能力の強化や、創意工夫の意欲を強化する役に立つと考えられている。また人間の最も優れた表現器官である手を駆使する事で大脳の発達を促すと考えられており、幼児や児童の大半がこれらに夢中に成る点からも好ましい玩具として広く受け入れられている。

さて 今回のレール8の字シリーズは 最終回 ^^

先日、オーソドックスな8の字に
マグネット踏切を入れたいのですが? という質問がありました
実際やってみたのですが これを入れようとすると 下のようになります
マグネット踏切の長さは144mmなので ちょうど使われている
144mmレールと交換して組み入れることになります
(交換ですので 下の写真のようにレール1本が余るかたちになります)
bb8-3-1.jpg

これは 一番最初に書いたように 8の字レイアウトは、がっちりした
レイアウトなのでファジーさの融通が一番つきにくいのでこうなります

そこで この8の字に使われているレールを全部使って なおかつ 
マグネット踏切入れるレイアウトをつくると 。。下のようにレイアウトできます

bb8-3-2.jpg

8の字の用レール全部使って(カーブレール12本 陸橋 直線が144mmと216mm各1本)
さらにマグネット踏切を追加でしたレイアウトです。 


もちろんマグネット踏切が無くても、逆に もう1本くらい直線レールを加えても
下の写真のように組めます。けっこうファージなレイアウトですね

下の写真は先の上のレイアウトより ↑印のレールを1本追加してみました
bb8-3-3.jpg

という事で レールの数が多くても少なくても ファジーさでカバーできる範囲があり
いろいろレイアウトできたり 駅や橋などパーツを増やしても手元のレールで結構 
レイアウトできたりしてしまいます。^^
これが BRIOレールの楽しさになり そこで 足らないパーツや欲しいパーツの
要望が出てきます。 この考えるときが また 子供たちにはとってもいいんですね

あは 体験が一杯できるかも  笑

従来の踏切などは(108mmレール長さ) 踏切を買うと 踏切には108mmレールも
セットされたものになっていますよね
これは 基本的には8の字でなければ 踏切を増やせば 反対側に108mmレールを
加えればちょうどOKという事ですよね  ^^

逆に橋や大型駅など増やすときは 中くらいの直線レールをはずして
そこに増やすパーツを入れ 反対側に外したレールを入れればOKという事が
同じ長さでなくてもよくあります ^^;)
へへへ   わかりにくい説明ですよね  笑

カーブレールも直線レールも 長さがいろいろあります
特に33333の直線レールも便利ですね
レールだけのセットが何種類かありますが やはりどれもとっても人気です
また レールを増やすのに他のセットを買って合体させたりする人も多いです
この方法はレール単品で買うより上手な買い方かもしれませんね。

bb8-5-1.jpg
bb8-5-2.jpg

 

さて 8の字の組み方は先のブログでの紹介がオーソドックスで
サファリセットなど昔からいろんな8の字セットがありましたが
このパターンが多かったと思います

廃盤になるパーツが増えてきていますので寂しいですが
十字クロスや大型十字路、ターンテーブル系やダブルカーブポイント。
先ほどの陸橋や積み上げサポートなどを利用しても作れると思います

カーブレールも短い方もありますし 途中でカーブポイントレールをいれてもいいですし
いろんなパターンがありますね

bb8-3.jpg

bb8-4.jpg

この↑写真 クロスレールに108mmレールを4本入れて作っていますが
108mmレールの代わりに144mmレールでも作れてしまいます 
なにを言いたいのか 意味不明だと思いますが 実は不思議なんですね  笑
まぁ 許容範囲が大きいのか?多少の誤差み込んでしまうのが
BRIOレールの良さなんですね  笑

では 次でもうちょっとそのあたりを 補足しますね

たまに レールの組み立てについて聞かれる事があります
いつも あまり気にしなくていいですよ
子供たちにまかせましょう って いい加減な回答ばかりで十数年^^;)
私がBRIOの好きなところに列車すべてが綿密に精密に丈夫に遊びやすく
非常に考えて作られている事。と それより実はレールが一番好きです

質感 組みやすさなどなど、すごく ファージに組むことができそれでも脱線せず 
また そのファージサーがいろんなパーツを組み込ませてくれます

ちょっとわかりにくいと思いますが
レールが1本くらい不足かなぁと と思ってもなぜかつながってしまう?
わからないですよね。 笑

まず8の字をよく聞かれますので
実は組み方の中では8の字は意外融通がききにくく
高度かもしれません 実際は8の字で遊ぶことが少ないのではないでしょうか?

あっ そうだ セットには必ずレイアウトが書いてありますね そしてそのレイアウトのパーツが
入っているわけですが そんな事は気にせずに自由に組んでいただければと思います

代表的な8の字は
bb8-1.jpg

今回は カーブレール12本 (今回はカーブレール長い方を使用します)
陸橋1個 直線レール216mmと144mm各1本
bb8-2.jpg
 
陸橋の長さが360mmという事になってちょうどいいのです
続きは 次にかきますね

このアーカイブについて

このページには、2008年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年9月です。

次のアーカイブは2008年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Google Adsense

Powered by Movable Type 4.261